月別アーカイブ: 2010年3月

コドレクション マクロ

Kodoコレクション 略してコドレクション


画像はどこがゴールデンなのかわからない Great Golden Kodo
かわいいけど、どう見ても茶色です。いくらなんでも手抜きだと思います。

さて本日は、各種コドをランダム召喚するマクロをご紹介させて頂きます。「どの子もかわいいから迷っちゃう!でも同じ子ばっかり呼び出すと、他の子がかわいそうだし…」とお悩みの方にお勧めです。

さらにシャーマン独自の特典としましてゴーストウルフ(シャーマンの変身形態 早く走れる)も一体化したマクロとなっていますので、わんこが大好きな方にもお勧めです。

では、早速みていきましょう。

#showtooltip
/dismount
/stopcasting
/castrandom [nomodifier]Ghost Wolf;[modifier:ctrl]Bronze Drake;[modifier:shift]Black War Kodo,Great Brown Kodo,Great Golden Kodo,Great Gray Kodo,Great White Kodo;[modifier:alt]Brown Kodo,Gray Kodo,White Kodo

「普通に実行するとわんこに変身、Shift押しながらでコドレクション呼び出し、Ctrl押しながらでパインちゃん、Alt押しながらでのんびりコドレクション」という単純マクロですが、勘違いから余計な苦労をしたので、未来の自分のために紹介させて頂きます。

1行目 #showtooltip

最初に#showtooltipと書き、アイコンを?マークにしておくと、アイコンが動的に変わります。


普段はわんこ


Ctrlを押すとパインちゃんに早変わり

2行目 /dismount

既にマウントに乗っている場合、降ります。この行を入れておくことで、マウントに乗る・降りるを同じボタンに割り振ることが可能となります。
※くれぐれも飛行中に押さないように気をつけましょう。

3行目 /stopcasting

他のスペルを詠唱中の場合、強制的にキャンセルします。Astrall Recall (おうちにテレポートする魔法)を詠唱中に気が変わった場合等に備えて入れてみました。この行は無くても構いません。

4行目 /castrandom

このマクロの最重要部分であると同時に、勘違いから散々悩んだ部分です。
何にはまったかというと、ランダムといいつつ同じものが連続する場合が多いのと、実行をキャンセルすると、再度実行したときに前回と同じものが選ばれるというところ。


例えば上記のタイミング(Black War Kodo の召喚中)にキャンセルすると、次に呼び出されるのは必ず Black War Kodo になります。
これになかなか気付かず、「なんでランダムにならないんだろう」と延々悩んでしまいました。

コド・トリビア:Argent Tournament のコドは跳べる


Argent Tournament で乗れるちょっと小ぶりなコド (Stabled Thunder Bluff Kodo) は、普通のコドと違ってその場ジャンプができるんです。ぴょんぴょん跳ねる姿もかわいいですよ。(でも、跳びかかられたら死ねると思う。)